ベルギー どこ

Looking for:

ベルギー どこ
Click here to ENTER

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ビール大国ベルギーにはものビールの銘柄があると言われ、その味も多様。醸造所めぐりも魅力的です。ブリュッセル南駅付近、都会の喧噪から離れた一画にある、家族経営の カンティヨン醸造所 はその中でも必訪。ブリュッセルの地ビール、ランビックの醸造過程を見ることができます。その醸造法は年の創業以来、変わっていません。.
 
 

– ベルギー・アントワープはダイヤモンド研磨の聖地 | 世界最大の原石集散地 | ブリッジ銀座・東京の結婚指輪 婚約指輪

 

目次 サイドバーに移動 非表示. 首都 ブリュッセル ( ブリュッセル 首都圏地域)は 欧州連合 (EU)の主要機関の多くが置かれているため「 EUの首都 」とも言われており、その通信・金融網は ヨーロッパ を越えて地球規模である。憲法上の首都は、19の 基礎自治体 からなるブリュッセル首都圏の自治体のひとつ、 ブリュッセル市 である。. ベルギーは 19世紀 に ネーデルラント連合王国 から独立した国家で、 オランダ語 の一種である フラマン語 が公用語の北部 フランデレン地域 と、 フランス語 が公用語の南部 ワロン地域 とにほぼ二分される(このほかに ドイツ語 が公用語の ドイツ語共同体 地域もある)。.

建国以来、単一国家であったが、オランダ語系住民とフランス語系住民の対立(言語戦争)が続いたため、年に フランデレン地域 と ワロン地域 とブリュッセル首都圏の区分を主とする 連邦制 へ移行した。. ベルギーという名称は、かつての ガリア 北東部の呼称「 ベルガエ 」、もしくは同地に住んでいたベルガエ人に由来するとされる。. ベルギーと称される地域には、 旧石器時代 ごろより農耕と漁労を主とする人類の定着が見られる [4] 。 新石器時代 に入り、 大西洋 の海進によって温暖化が進むと 中央ヨーロッパ から移住してきた種族が定住を始め、牧畜技術の移入と農耕技術の革新をもたらした [5] 。こうした民族と文化の移入は紀元前年ごろまで続き、社会的組織の構築や金・銅・錫の生産、 ドルメン といった文化移入の痕跡が見られる [5] 。また、エジプト産のビーズなども発見されていることから、この時代、地中海世界の広い範囲で行われた交易に参加していたとも考えられている [5] 。紀元前6世紀ごろに ケルト人 が ライン川 を渡って到来し、移住してくると、彼らによって 火葬 の文化や鉄器がもたらされた [5] 。.

紀元前後になると ローマ人 との接触が始まり、 ガイウス・ユリウス・カエサル が紀元前57年に著した『 ガリア戦記第二巻 』に、この地に居住する民族について初めて言及がなされた [5] [6] 。カエサルは同地に居住する ゲルマン人 との共通性を持つケルト人の多くを総称して ベルガエ族 と呼んだ [5] 。ベルガエ族は多数の部族に分かれてベルギー地方で生活していたが、 ガリア戦争 を経て同地は紀元前51年に ガリア・ベルギカ としてローマ帝国の属州となった [6] 。ローマはその版図をライン川まで広げて ゲルマニア の征服へと乗り出し、その過程で遠征拠点の都市として トンゲレン 、 トゥルネー 、 アルロン といった植民都市が築かれた [6] 。. アウグストゥス の時代にベルギーを含むライン川左岸からフランス東北部にわたる地域がベルギカ州に組み込まれたが、 ドミティアヌス は東部国境線を東進させてライン川沿いの地域をベルギカ州から分離させて上下ゲルマニアとし、今日のベルギーを構成する大部分の地域はこのとき 下ゲルマニア に組み込まれた [7] 。.

カール大帝が没し、 ルートヴィヒ1世 の治世が終わった 年 、 ヴェルダン条約 によって王国は 東フランク王国 、 西フランク王国 と ロタリンギア に分けられた。さらに 年 の メルセン条約 によってロタリンギアは東西フランクに分割吸収され、この結果、ベルギー地方は スヘルデ川 を境として分裂することとなった [13] 。また、9世紀初頭より始まった ノルマン人 襲来の脅威から身を守るため、各地で地主や司教たちを中心として フランドル伯領 、 ブラバント伯領 、 リエージュ伯領 、 エノー伯領 、 ナミュール伯領 、 リンブルク伯領 、 ルクセンブルク伯領 といった 封建国家 が誕生した [13] 。中でもフランドル伯領は、 リンネル の交易によって「ヨーロッパの工場」としての地位を築き上げ、 ブルッヘ や ヘント といった都市を中心に繁栄を誇った [14] 。. フィリップ豪胆公 から始まるブルゴーニュ公国は、「飛び地」として獲得した豊かな産業を持つフランドル地方の経済力を背景として版図の拡大を図った [20] 。飛び地の解消を目指してフランス王国へと積極的な介入を見せたが、 シャルル突進公 の 年 、 ナンシーの戦い において敗北を喫すると逆にフランスからの侵略を受けることとなった。シャルル突進公の戦死を受けて、娘 マリー はかねてより婚約していた ハプスブルク家 の マクシミリアン大公 (のちの神聖ローマ皇帝)に救援を要請し、結婚した [21] 。ここにブルゴーニュ公国は終焉を迎え、フランドル地方はハプスブルク家の支配下に組み込まれることとなった。.

フランドル地方の統治権は フィリップ美公 を経て年、 カール5世 に渡った。カールは年に設置されていたネーデルラント全域を管轄する全国議会を存続させ、年にネーデルラントに軍事・立法・財務の各職掌に評議院を設ける [22] など統治に意を用いる一方、この地方の統合を進め、年には ゲルデルン公国 を併合してこの地方を統一し、年には神聖ローマ帝国からこの地方を法的に分離して ネーデルラント17州 を誕生させた [23] 。この時期 アントウェルペン はブリュージュに代わりフランドルの経済の中心となった。しかしカールが年に退位し、ネーデルラントをスペイン王となった フェリペ2世 が統治するようになると、強硬な異端取り締まりや自治の制限といった圧政に17州が蜂起し、年に 八十年戦争 が勃発した。この戦争は当初はスペイン側が優勢に戦いを進め、年には大貿易港だったアントウェルペンをスペインが占領・劫掠する一方、17州側はヘントの和約を締結して結束を固めた [24] 。しかしこの和約は北部の カルヴァン派 と南部のカトリックとの対立によって崩壊し、北部諸州は ユトレヒト同盟 を結んで独立の姿勢を鮮明にする一方、南部2州はアラス同盟を結んでスペイン寄りの姿勢を示し [25] 、ここを拠点に進撃したスペイン軍が南部10州の支配を固め、ネーデルラントは南北に分離することとなった。最終的に、北部7州は年の ヴェストファーレン条約 によって ネーデルラント連邦共和国 として正式に独立を承認されたが、南部諸州はスペイン領 南ネーデルラント としてスペインの支配下に留まった [26] 。.

スペイン・ハプスブルク朝の断絶により生じた スペイン継承戦争 ( 年 – 年 )の結果、 ラシュタット条約 でスペイン領南ネーデルランドが オーストリア に割譲され、 オーストリア領ネーデルラント が成立する。年 オーストリア継承戦争 ではフランスが再度ベルギーを占領したが、 アーヘンの和約 により マリア・テレジア に返された。. フランス革命戦争 勃発後、 ジャコバン派 がフランス革命国民義勇軍を主導したが、その国民義勇軍の将軍 ジュールダン と公安委員 カルノー はベルギー戦線で、 ロベスピエール の 恐怖政治 中の年10月、オーストリア軍を殲滅した。翌年6月、ジュールダン将軍と ベルナドット 将軍は再度ベルギー戦線でオーストリア軍を殲滅した。このあと、フランス軍は南ネーデルランドを占領し、年には フランス に併合された [28] 。. ナポレオン戦争 の終結後、ベルギーはフランス統治下を離れ、年の ウィーン議定書 によって現在のオランダとともに ネーデルラント連合王国 として再編された [29] 。しかしプロテスタント・オランダ語話者が多数派を占め経済の低迷する北部ネーデルラントに対し、カトリックが多数派でオランダ語話者とフランス語話者がほぼ同数であり、さらに 産業革命 の波が到達して経済が活況を呈している南ネーデルラントは反発を強めていき、ネーデルラント国王 ウィレム1世 の高圧的な姿勢がそれに拍車をかけた [30] 。こうして年に南ネーデルラントは 独立革命 を起こし、同年に独立を宣言する。年には ドイツ の領邦君主の ザクセン=コーブルク=ゴータ家 から レオポルド を初代国王として迎えた [31] 。しかしオランダはこれに反発し、年の ロンドン条約 を締結するまで独立を承認しなかった [32] 。.

同年に制定された憲法は、主たる納税者であった ブルジョワジー (財産家・資本家)男子による 二院制 と、国王の行政や軍事など最高の国家行為には首相の承認( 副署 )を要することを規定した。ベルギー憲法の、その首相副署主義は新しい立憲的制度であった。これはカトリックのベルギーが、外から迎えるプロテスタントの国王、 ザクセン=コーブルク=ゴータ家 の レオポルド1世 (在位:年 – 年)に対抗するためのものであった。. ベルギーは 大陸ヨーロッパ でもっとも早く、独立直前の年代に 産業革命 が始まった。独立後工業化はさらに進展し、年にメヘレン・ブリュッセル間の鉄道が建設されたのを皮切りに急速に鉄道建設が進んで、年代前半には国内の主要鉄道網が完成した [33] 。次いで年には チャールズ・ホイートストン と ウィリアム・クック に 電信 の敷設を許可したが、年頃から政府が回線網の買収と拡大を進めるとともに、年には商業利用が認可された [34] 。こうしたインフラの整備を背景に、とくに南部のワロニア地方を中心に リエージュ 、 シャルルロワ などにおける 石炭 の産出が増加し、 製鉄 や機械工業といった 重工業 や、 ソルベイ に代表される 化学工業 が発達した [35] 。.

一方、内政においては学校教育の主体を巡り、公教育の充実を目指す自由主義派と教会による教育を重視するカトリック派の対立が続いた [36] ほか、工業化に伴う 産業構造 の変化によって 労働運動 が台頭し [37] 、これに伴って年には男子 普通選挙 制が導入された [38] 。また年代以降、当時は独立以来唯一の公用語とされていたフランス語に対する、オランダ語の地位向上を目指す フランデレン運動 が盛んになり、以後のベルギー政治を二分する争点となっていった [39] 。.

この時期、ベルギー政府は 植民地 獲得にまったく興味を持っていなかった [40] 一方、第2代国王 レオポルド2世 は積極的に植民地獲得を目指しており、彼はアフリカ中部の コンゴ川 流域に目をつけ、 ヘンリー・スタンリー を派遣して現地の掌握を進めていた。この動きを警戒した列強によって年に アフリカ分割 のための ベルリン会議 が開かれ、レオポルド2世は個人所有地としてコンゴ川流域の支配権を認められた [41] 。しかしこうして設立された コンゴ自由国 は現地で過酷な搾取を行い、さまざまな蛮行を行ったため列強から強い批判を浴び、年にはコンゴの統治権はレオポルドからベルギーへと移管された [42] 。.

第一次世界大戦 ではドイツ軍によってほぼ全土を占領されたが、国王アルベール1世を中心とする政府は亡命政府を樹立し頑強に抵抗した [43] 。戦後はドイツの脅威に対抗するためフランスと軍事協定を結んだが、年にはこれを破棄して中立政策へと回帰した [44] 。. しかし 年 5月10日 未明、 ナチス・ドイツ はベルギーと同じく中立を宣言していた隣国のオランダ、ルクセンブルグに侵攻を開始。交戦状態となり [45] 、再びドイツ軍によって国土を占領された。 ロンドン に亡命政権が立てられたが、 同年5月28日に国内に残った国王 レオポルド3世 は亡命政府の意向を無視してドイツの 無条件降伏 要求を受諾 [46] 。 立憲君主制下にある国王の権限を逸脱するものとして戦後に問題視されることとなった [44] 。.

戦後、レオポルド3世の行為は問題視され、年には君主制の是非を巡る国民投票が行われた。この投票ではかろうじて君主制維持が過半数を占めたものの、とくに南部で批判票が強く、これを受けてレオポルド3世は退位し、ボードゥアン1世が即位した [47] 。年代には経済の復興が進む一方、年の 欧州石炭鉄鋼共同体 への参加以来、首相の ポール=アンリ・スパーク を中心に積極的にヨーロッパ統合の動きを推進し、のちにスパークは 欧州連合の父 の1人に数えられるようになった [48] 。年に成立したガストン・エイスケンス政権は学校教育問題の解決などで大きな成果を上げたが [49] 、コンゴ植民地の独立時の対応を誤り、 コンゴ動乱 を招くこととなった。. 現在、首都 ブリュッセル は 欧州委員会 などの欧州連合の主要な機関が置かれており、欧州連合の「首都」にあたる性格を帯びている。ブリュッセルは 年 、ビジネス、人材、文化、政治、識字率などを総合評価した 世界都市ランキング において、特に「政治的関与」が高く評価され、世界11位の都市と評価された [52] 。. ベルギーは 国民的 立憲君主制 を採用している。 国家元首 である 国王 は、 立法権 を連邦議会とともに行使し、 行政執行権 を憲法に基づき行使する。 年 に 妊娠中絶 が合法化される際に、当時の国王 ボードゥアン1世 は自身の信念に基づき中絶法案への 署名 を拒否したが、一時的に国王を「統治不能」状態として内閣が代行することにより、 立憲君主制 の原則を守ったという出来事があった。.

連邦議会 は 両院制 である。 上院 である 元老院 は、地域議会および言語共同体議会を通じた 間接選挙 で選出される50議席と、間接選挙議員によって指名される10議席、国王の子女に割り当てられる3議席からなる。 下院 である 代議院 の議席数はで、 比例代表選挙 により選出する。いずれも任期は4年で、同日に投票が行われる。. 連邦政府 の長である 首相 は、議会の総選挙後に国王から指名された人物が組閣責任者となり、最大15名からなる内閣を組閣する( 議院内閣制 )。組閣責任者は必ずしも第1党から選任されるとは限らない。もしも、このあとに下院の承認を得られない場合は、国王に対して辞表を提出することになる。. 前回の総選挙は年6月に行われ、12の政党が議席を獲得した。しかし北部のオランダ語圏と南部のフランス語圏の対立を背景とした連立交渉は難航を極め、正式な政権が日も存在しないという事態となった [53] 。これは正式な政権が存在しない世界最長記録である [54] 。この政治空白の間の首相職は、総選挙で敗退した キリスト教民主フランデレン党 の イヴ・ルテルム が引き続き暫定的に務めた。.

政治的な空白は 年 以降も発生。年12月に移民政策をめぐり与党内が対立、連立政権が崩壊すると年5月の下院選挙を経ても、どの党も主導的な立場を取ることができず暫定政権が続いた。年3月、 新型コロナウイルス 感染拡大の緊急対策が求められる状況下で、ようやく小政党出身の ソフィー・ウィルメス 首相が率いる内閣を各党が容認。ただし、ウイルス対策以外の政策決定はほとんど認められず暫定政権的な色合いが強く [58] 、10月になってようやく7政党による アレクサンダー・デ・クロー を首相とする連立政権が発足した [59] 。. また、ベルギーに駐留している アメリカ軍 ( アメリカ合衆国連邦政府 )と ニュークリア・シェアリング をしており、独自の核戦力は保持していないが核抑止力を持っている。. 一般的に北部のフランデレン地域は平野が広がっているのに対し、南部のワロン地域は アルデンヌ高地 を中心に丘陵地帯が多い。北部は豊かな土壌が広がり、野菜や果実などの 都市近郊型農業 や、農耕飼料を必要とする養豚・養鶏業等が営まれているのに対し、南部はアルデンヌ高地を中心に冷涼な気候で、酸性 土壌 も多く、肉牛、乳牛などの放牧による畜産業や、 ビート 栽培などが主流である。最高地点は東部ドイツ国境付近の ボトランジュ で、海抜メートルに達している。.

ケッペンの気候区分 による 温帯 ( 西岸海洋性気候 )に属する。これは暖流の 北大西洋海流 による。晴天の続く夏期でも最高気温が30度を上回ることは多くない。面積の小さな国だが、内陸になるほど 大陸性気候 の特徴が現れる。すなわち、夏の気温が上がり、冬期は寒くなる。さらに降水量の年変動が大きくなる。. 首都ブリュッセル (ブリュッセル首都圏地域内の イクル 、北緯50度42分、東経4度21分、標高メートル)の年平均気温は ベルギーは 年 の憲法改正により 連邦制 に移行した。連邦は、 ブリュッセル首都圏地域 、 フランデレン地域 、 ワロン地域 の3つの 地域 と、 フラマン語 共同体、 フランス語 共同体、 ドイツ語 共同体の3つの 言語共同体 の2層、計6つの組織で構成される。そして、フランデレン地域とワロン地域の2つの地域は、それぞれ5つの 州 に分かれている。.

フランデレン地域とワロン地域の境界線は、国土のほぼ中央を東西に横切っており、 言語境界線 と呼ばれる。. 製造業を中心に豊かな資本力を誇るものの、小国であるため貿易への依存傾向が強く、経済が安定しているとまでは言い切れない。 年代 は、上昇傾向にあったが、 21世紀 に入って停滞状態になった。物価は低水準安定。また、景気に左右されず、失業率は概して高い。. 日本では、 チョコレート やベルギー ワッフル など加工菓子の産地として知られているが、 ルーヴェン にある世界最大のビール会社である アンハイザー・ブッシュ・インベブ や化学会社の ソルベー 、製薬会社の ヤンセン ファーマ なども有名である。.

松方正義 は ベルギー国立銀行 をモデルとして 日本銀行 を立ち上げた。 明治憲法 はプロイセン憲法を原案としているが、そのプロイセン憲法はベルギー憲法の貧弱な国王大権を拡大したものであった。ブリュッセル金融網の発展に伴い、ベルギー憲法は 断続的に改正 された。. 日本 との経済的関係は、地理的問題(年から年まで空路の直行便がなかった [注釈 5] など)や、文化的交流が少ないなどの理由により、その存在は日本では一部企業を除きそれほど注目されておらず、特に銀行は バブル崩壊 によりその多くが撤退した。ただし、確かな技術力を持つ企業が多いこと、またコーディネーションセンターに代表される外国企業に対する優遇税制措置が設けられていること、物流拠点としても立地が最適であること、かつ英独仏の主要国に近いこと、EUの本部所在地であることなどから大手自動車メーカーなどが欧州統括本社などを置いており、年10月時点で – 社がベルギーに進出している [64] 。 在留届 を提出している邦人は6,人近くに達し、 在留日本人 の総数は欧州の中でも上位に位置する。.

おもな工業都市は、 アントウェルペン (石油化学工業、工業用ダイヤモンド製造業)、 シャルルロワ 、 リエージュ (製鉄業)、テムス(造船業)、クルトレ、 ブルッヘ 、 ブリュッセル 、 ヴェルヴィエ 、 ヘント 、 メヘレン (繊維業)、ヴァルサンランベール(クリスタルガラス工業)である。. 石炭 採掘の歴史は古く、すでに12世紀から採掘が始まっていた。現在でも石炭は埋蔵されているが、品質面で国外の石炭と競争できないため、生産が急速に落ち込んでいる。年の採掘量は万トンだったが、年時には17万トンまで下がっている。.

また、南北の経済格差も深刻で、フラマン系の裕福な北部と、比較的貧しい南部という図式が定着している [66] 。ベルギー建国時はこの図式は逆であり、南部のフランス語圏が工業地帯として発展しており裕福で、北部が貧しかった。しかし、今や北部のフラマン地域が裕福であり、北部が南部を見下している状態にある [67] 。. 近年、特に首都ブリュッセルは 中東 系を中心とした移民が多く、近年では アラブ 系の「Mohammed」がブリュッセルで生まれる男子でもっとも多く名付けられる名前となっている。.

フランデレン地域の人々とワロン地域の人々の間には「 言語戦争 」と呼ばれるほどの文化的な対立が存在し、連邦制が施行されて以降も、対立意識は完全に無くなってはいないと言われる。例として、 年 12月13日 に 公共放送 RTBF が「フランデレン地域が独立を宣言して、前国王アルベール2世が コンゴ民主共和国 (旧ベルギー植民地)に亡命した」という フェイクニュース を流したところ、一時国内が混乱に陥り、地域間の溝の存在を露呈する結果となった(のちに、議論を喚起する目的があったと釈明した)。.

婚姻の際に姓が変わることはなく、 夫婦別姓 である [68] [69] 。また、同性同士の結婚( 同性婚 )も年より可能となった。. 日本でも西日本を中心に布教活動をしているカトリック 修道会 の 淳心会 は、ベルギー・ブリュッセル郊外のスクートで設立された(スクート会とも呼ばれる)。. ベルギーは日本に比べると治安が悪いと言われることが多いものの、近年では同王国内及びブリュッセル市内の 犯罪 認知件数が減少傾向にある。しかし、若年層を中心に麻薬類の使用事犯が増加している問題点をはじめ スリ や 置き引き や ひったくり (主に邦人の被害率が高い)、偽警官による 詐欺 等の犯罪が依然として後を絶たない点が目立ち、 強盗 や 侵入 犯罪の被害に遭うケースも見受けられている。加えて、運転マナーの悪い 運転手 が多く、同市内では法定速度を遥かに超えて走行する 車両 が多いことから事故も多発している現状が続いている [70] 。.

ブリュッセル音楽院 では特に ヴァイオリン 奏者を多く輩出しており、 シャルル=オーギュスト・ド・ベリオ とその門下である アンリ・ヴュータン や ウジェーヌ・イザイ などフランス語圏 ベルギー人 作曲家が「フランコベルギー楽派」と呼ばれる作風および演奏様式を確立した。20世紀の大指揮者の一人 アンドレ・クリュイタンス も、やはりフランスの指揮者として語られることが多いが、ドイツ音楽とフランス音楽の両方で高い評価を受けた。その他、 ヨス・ファン・インマゼール 、 フィリップ・ヘレヴェッヘ 、 クイケン 兄弟、 ルネ・ヤーコプス など 古楽 系演奏家を多く輩出している。. ベルギーには長い芸術的伝統があり、その歴史は中世にまで遡る。中でも絵画においては、多数の画家を輩出して来た歴史を持つ国であり、 フーベルト・ファン・エイク 、 ヤン・ファン・エイク 、 ハンス・メムリンク 、 ヒエロニムス・ボス 、 ピーテル・ブリューゲル 、 ピーテル・パウル・ルーベンス 、 フロリス・ファン・ダイク 、 アンソニー・ヴァン・ダイク 、 ヤーコブ・ヨルダーンス 、 ポール・デルヴォー 、 ルネ・マグリット 、 フェルナン・クノップフ などが挙げられる。.

また、ファッションにおいては マルタン・マルジェラ 、 ドリス・ヴァン・ノッテン 、 アン・ドゥムルメステール 、 デルヴォー 、 キプリング などが知られる。. ベルギー国内には、 ユネスコ の 世界遺産 リストに登録された 文化遺産 が9件ある。. ベルギー国内では サッカー が圧倒的に1番人気の スポーツ である [71] 。今から年以上前の 年 に、サッカーリーグの「 ベルギー・ファースト・ディビジョンA 」が創設されている。同国では 年代 に入って以降、 ビッグクラブ で活躍する世界的に有名な サッカー選手 が数多く出現しており、 ヴァンサン・コンパニ 、 トーマス・フェルマーレン 、 マルアン・フェライニ 、 エデン・アザール 、 ロメル・ルカク 、 ケヴィン・デ・ブライネ 、 ティボ・クルトゥワ などが挙げられる。. ベルギーサッカー協会 (KBVB)によって構成される サッカーベルギー代表 は、これまで FIFAワールドカップ には13度出場しており、3大会ぶりの出場となった 年大会 ではベスト8に進出した。そして、続く 年大会 では過去最高位となる3位に輝いている。 UEFA欧州選手権 には6度出場しており、 年大会 と続く 年大会 では2大会連続でベスト8の成績を収めた。さらに 年 に新設された UEFAネーションズリーグ では、 シーズン に4位となっている。.

ベルギーで 自転車競技 はサッカーの次に人気のスポーツとなっており、 国技 として挙げられることもある [72] 。主要なレースとして、 ロンド・ファン・フラーンデレン や リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ がある。同国の著名な ロードレース 選手としては、 エディ・メルクス 、 ヨハン・ムセウ 、 トム・ボーネン 、 フィリップ・ジルベール が知られている。. コンテンツにスキップ 案内.

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン.

コモンズ ウィキニュース ウィキボヤージュ. このWikipediaでは言語間リンクがページの先頭にある記事タイトルの向かい側に設置されています。 ページの先頭をご覧ください 。. ページ ノート. 閲覧 編集 履歴表示. その他 閲覧 編集 履歴表示. 詳細は「 ベルギーの歴史 」を参照. 詳細は「 ベルギーの政治 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの政党 」を参照. 詳細は「 ベルギーの国際関係 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの軍事 」を参照. 詳細は「 ベルギーの地理 」を参照. 詳細は「 ベルギーの地方行政区分 」を参照. 詳細は「 ベルギーの都市の一覧 」を参照. 詳細は「 ベルギーの経済 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの交通 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの人口統計 ( 英語版 ) 」を参照. 言語話者(ベルギー) フラマン語. 詳細は「 ベルギーの宗教 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの教育 ( 英語版 ) 」を参照.

詳細は「 ベルギーの医療 」を参照. 詳細は「 ベルギーの人権 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーのメディア ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの文化 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギー文学 」を参照. 詳細は「 ベルギーの音楽 ( 英語版 ) 」を参照.

詳細は「 ベルギーの映画 」を参照. 詳細は「 ベルギーの芸術 ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギーの建築 」を参照. 詳細は「 ベルギーの世界遺産 」を参照. 詳細は「 ベルギーのスポーツ 」を参照. 詳細は「 ベルギーのサッカー ( 英語版 ) 」を参照. 詳細は「 ベルギー人の一覧 」を参照. AFPBB News フランス通信社. AFPBB News. ベルギー観光局 ワロン・ブリュッセル. ヨーロッパ の 国 と 地域. フランス モナコ. オランダ ベルギー ルクセンブルク. ドイツ オーストリア スイス リヒテンシュタイン. ギリシャ マルタ. クロアチア セルビア アルバニア モンテネグロ 北マケドニア ボスニア・ヘルツェゴビナ. デンマーク スウェーデン ノルウェー フィンランド アイスランド.

 

ベルギー どこ

 
ベルギー人の彼(今の夫.)と付き合うまで、正直言うとベルギーという国がどこにあるかわかりませんでした。ヨーロッパのどこか・・、、でもどこか分からない。。 もしかしたらそう 01/02/ · 世界一周経験者の旅ブロガーがベルギーに行く前に押さえておきたい現地の物価、治安、天気、服装、ビザ、チップ、お土産情報などを全てまとめました。旅行前にお気に入 アントワープはベルギーの首都ではない? アントワープ(Antwerp)はベルギーの首都ブリュッセルに次ぐ第2の都市です。知名度が高く、ベルギーの首都はアントワープ?と勘違い

 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *